渋谷の社会保険労務士です。

高山英哲こんにちは、高山英哲です。

今回のブログは「全国健康保険協会(協会けんぽ)保険料率」のはなしです。

平成30年度の都道府県単位保険料率が発表されました。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat330/sb3130/h30/300209

 

平成30年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます。

平成30年度の協会けんぽの健康保険料率及び介護保険料率は、
本年3月分(4月納付分)からの適用となります。

任意継続被保険者及び日雇特例被保険者の方は
4月分(4月納付分)から変更となります。

あなたも、気になっているでしょう。

さらに、ここでは、ポンイトも含めて、チェックしておきましょう。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat330/sb3130/h30/300209

 

今から、チェックしておきたい。平成30年度保険料額表

被保険者の方の健康保険料額(平成30年3月~)です。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h30/h30ryougakuhyou3gatukara

平成30年度保険料額表

平成30年度保険料額表

今すぐ、チェックをしてみょう。

 

☑よくある質問、疑問 その1 都道府県ごとに保険料率が違う理由

都道府県ごとに保険料率が違うのは、なぜか?

その理由は都道府県で、必要な医療費(支出)が異なるからです。

都道府県ごとの保険料率は、地域の加入者の皆さまの医療費に
基づいて算出されています。

したがって疾病の予防などの取組により都道府県の医療費が
下がれば、その分都道府県の保険料率も下がることになります。

 

よくある質問、疑問 その2 保険料の使いみちは、なにか。

加入者の皆さまの医療費等が約6割です。

高齢者の医療費を支えるための拠出金など
いわゆる仕送り金が約4割です。

被保険者一人当たり保険料の負担年間38万円
※その他国庫補助金(税金)による収入約5.5万円

                          ↓

  医療費等の支出  年間約40.4万円

   【内訳】
○医療費等:25.2万円
○高齢者医療への仕送り金:15.2万円

 

よくある質問、疑問 その3 保険料率は将来、どうなるのか?

協会けんぽの保険財政は、医療費の伸びが賃金の伸びを
上回る状況が続いています。

したがって今後の保険料率の見通しは楽観できません。
つまり、今後も上昇傾向が強いといえます。

☑平成30年度の都道府県単位保険料率
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat330/sb3130/h30/300209

☑被保険者の方の健康保険料額(平成30年3月~)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h30/h30ryougakuhyou3gatukara

 

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

あなたの会社の、改善の一助になれば幸いである。

渋谷の社会保険労務士の高山英哲でした。お客様皆様の声
http://www.1roumshi.com/profile/

 

 


高山社会保険労務士事務所
電話 03-5784-0120
住所 東京都渋谷区神南1-5-4 ロイヤルパレス原宿5階