渋谷区の社会保険労務士です。

高山英哲こんにちは、高山英哲です。

あなたと、今日学ぶことは「建設業の社会保険と人事労務:押さえておきたい「社員の募集・内定・採用」を管理する方法」である。

人事労務管理のうえで「社員の募集・内定・採用」時の様式(ビジネスフォーム)」管理は重要だ。

それは、なぜか?

昨今の企業の個別労働紛争は、採用時が多いからだ。よって、紛争防止が求められることとなる。

私の事務所でも「採用時のトラブル事案」の相談が少なくない。そのたび、顧問先の皆様と協議をしている。

これを今、お読みのあなたは、「うちの会社では、社員の募集・内定・採用は、今までトラブルない、けど。。」と思いながらも、「もし、労働契約違反、不備、違法など指摘されたら、どうしょう。。」と。そんな思いを抱えているのでは、ないだろうか。

当然、新入社員から指摘されることも、あるだろう。

そこで、今回はあなたへ「社員の募集・内定・採用」時の様式(ビジネスフォーム)」を、ご案内する。

私からの提案は、シンプルだ。

あなたと一緒に、私たちで、ステップ・バイ・ステップで、意見交換をしながら、「社員の募集・内定・採用」時の様式(ビジネスフォーム)」を考えていく、こととする。

特に今まで「社員の募集・内定・採用」時の様式(ビジネスフォーム)」を、考慮理していない場合、実践して頂ければ驚くほどの成果を得られるはずだ。ぜひ参考にして欲しい。

それでは、早速、すすめていく。

 

ステップ1= 面接時の質問事項とは、何か

そもそも「面接時の質問事項」とは、何か。

一般的は次の事項である。

 

 

 

1-1 前職についての聞き取り

 ①仕事の内容

②退職した理由

③給与、ボーナス

1-2 応募情報

 ④応募の理由

⑤仕事の希望

⑥勤務地の希望

⑦給与の希望

⑧残業の可否

⑨入社可能時期

 

1-3 面接者 本人の情報

 ⑩性格(長所、短所)

⑪健康状態

⑫休日の過ごし方

⑬資格

⑭趣味・特技

1-4 面接用の聞き取り管理シート ワードWORD・PDF

面接時の聞取り管理シートワードword

面接時の聞取り管理シートPDF

 

ステップ2= 押さえておきたい、採用内定通知書の明示事項

 次に「採用内定通知書」だ。

もし、入社前に研修が予定されている場合、連絡事項として盛り込んでおくことが、必要だ。

 

2-1 採用内定通知書 ワードword PDF

採用内定通知ワードword

採用内定通知PDF

 

ステップ3=絶対あった方がいい「社員採用時に手続き管理票」

最後は「社員採用時に手続き管理票」だ。

この書類は絶対あった方が、いい。

なぜなら、採用者からの提出漏れを「一瞬」でチェックできるからだ。

 

3-1 社員採用時の手続き管理票 ワードword PDF


社員採用時の手続き管理票ワードword

社員採用時の手続き管理票PDF

 

あなたの会社の、改善の一助になれば幸いである。

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

渋谷の社会保険労務士の高山英哲でした。お客様皆様の声
http://www.1roumshi.com/profile/

 


高山社会保険労務士事務所
電話 03-5784-0120
住所 東京都渋谷区神南1-5-4 ロイヤルパレス原宿5階